よくわからない

何か/これまで/東方Project cosplay/東方Project arrange/bottom

OR OR

“ダフトパンクのマスクを脱いだ素顔写真”

image


★ダフトパンク-ディスカバリー以降の使用機材


Daft Punkのインタビューによると,少なくとも2005年以降?はエイブルトンのライブでほぼ制作している。
加工のためRewireではなくオーディオでバウンスしてProTools HD1に入れて作業することもあるとの事。

さらにAbletonのソフトシンセOperatorやエフェクトを多様してかなりの曲が制作されている。


ライブでは,DAWがAbletonLive。


BEHRINGER ( ベリンガー ) / BCR2000 B-Control RotaryのMIDIコントローラーで制御し,

4つの moog voyagersのシンセも鳴らしてしていた。

オーディオインターフェースにはUNIVERSAL AUDIO 2192を使用。

ミキサーは変わらずMackie 1202(first generation)アナログミキサーを愛用している。



ダフトパンクのDAW エイブルトン ライブによるサンプリング曲作りの方法は以下のまんまなので要チェックです。





Daft Punk

DAFT PUNK (ダフトパンク)のトラックメイキング使用機材まとめ『音作り徹底解剖』: 音楽ブログ @BEAT_MAKING

(via beatmakingjp)